愛媛県松山市の英会話スクール『ハッチポッチクラブ』では、英会話学校・TOEIC・英検・高校英語センター試験対策を行っています
お問い合わせは089−932−7262まで
トップページ
HotchPotchCLUBとは?
コース案内&料金表
当校に関するQ&A
お問い合わせ
コーヒーブレイク

入会までの流れ
ハッチポッチクラブの地図ハッチポッチクラブの地図
リンク集
サイトマップ

ハッチポッチクラブ代表のブログ
パーティー開催の案内
teacher wanted!

ハッチ・ポッチ・クラブ
〒790-0878
松山市勝山町2丁目17-7
ツカサ・スズランビル5F
TEL&FAX : 089-932-7262
休校日 : 毎週日曜日と祝日
受付時間 13:00〜21:00


お問い合わせ&メールで質問
enjoy@hotch-potch-club.com




武村由佳さん 高木佳世さん 中尾衣里さん
武村由佳さん 高木佳世さん 中尾衣里さん Kさんご夫妻

佃良子さん 河見貴子さん 松本和可子さん 高畑環さん

金和蓮さん 宮内春菜さん 亀井美沙さん! 西本早紀さん

coming soon ! coming soon ! coming sooon ! coming soon !
coming soon ! coming soon ! coming soon ! coming soon !


 モニターの高畑環さんに直撃インタビュー!!!   


和家(以下Q) 今日はモニターの高畑さんに今までの英語歴を中心にお話をお伺いします!

高畑さん(以下T) はい!こちらこそ,よろしくお願いします!!!

  
 Q.高畑さんはご出身はどちらですか?
 

         
 高畑さん: 松山です。高校までは地元で,その後は大阪にある語学学校に進学しました。
その学校からカリフォルニアにある,サンタ・モニカ・カレッジに編入したんです。実はニューヨークに提携校があるんですが,アメリカ西海岸には過去に何回も訪れていましたのでNew York(アメリカ東海岸)ではなくロサンゼルスに留学しました。



Q.きましたね〜なんか成功者の香りがしてきましたよ,コレは〜!高畑さんのサクセス・ストーリーの夜明けからお伺いできるとあって非常に光栄です。アメリカ東部はワクワクする感じですが,長期留学ではLAのほうが日本人にとっては気候もあってるし,住みやすいですよね・・・ちなみに現在は何をされてますか?



T.ブティックで販売員をしてます。




Q.では,中学・高校時代は英語の成績,スタンスや取り組みに関してはどうでした?
  

                            
T: 実は小学校2年のときに英検3級を取ったんですよ〜。

                         
Q.そうですか。スゴイですね〜やっぱりすごいなあ〜。小学校2年で3級とはかなり驚きですね。



T.3歳の頃からネイティブの先生に週2〜3回レッスンを受けていたりして,英語に対する親しみのようなものがあったので小学校に入ってからも継続して外国人の先生に直接習っていて,英検受けたら3級に合格しました。でも,そこからは資格に対しての欲とかがあまりなかったのでそれ以降は受けていませんね。とりあえず資格よりもその頃は英会話が好きだったので外国人と話すことだけはキープしていましたね。


Q.そうですか,もう,普通にネイティブと話したい,コミュニケーションを純粋に楽しみたいと・・・。なんか分かる気がします。ってことは!中学生になった時にはトップレベルだったのでは!?



T.いえいえ。中学校の頃はトップではないけれど,まあまあ良かったレベルですね。他の教科の平均点を上げるくらいには英語は良かったですよ。ズバ抜けてできるほどではなかったんです。


Q.ではこれも子供の頃からの英語学習が功を奏したというわけですね。すばらしいですね。そして,高校に進まれてからは?



T.それがですね・・・高校に入ってからは,まるでダメでしたね。もう,チンプンカンプンでしたね。


Q.僕もそうでしたよ。なんで高校英語から急に難しくなるんだろう?って疑問でしたね。。。



T.2つのクラスがあって普通の英語のクラスとオーラル・コミュニケーションのクラスがあってオーラルのほうは大好きだったんですが,普通の学科としての英語は全然分かりませんでした。当時英語の担任だったイギリス留学経験のある先生に,「将来アメリカに行きたい!」って言ったんですよ。そしたら鼻で笑われましたよ〜そのくらい高校のときは英語は点数は良くなかったです。



Q.おそらくそれは,スピーキング,リスニングという文字を介さない技能が,子供の頃からの素地があるのでかなり良かったはずですよ。ただ文法・リーディングは子供の頃からあまり触れてなかったので,苦手意識があったのではと・・・・。
そして,大阪の語学学校から高畑さんの武勇伝が始まるわけですね〜

    

T.高校を出て,大阪にある語学学校に入ったときは,もうまったくアメリカのESLクラスのようなものと同じレッスンだったんですよ。日本語はまったく話さないですし,英語漬けの毎日でしたよ。課題もレジュメの書き方とか,とにかく,何もかも英語で学習していたのでかなり英語力はレベルアップしました。


Q.いや〜こういう進学の道もあるんですね。実に興味深いです。
  英語を使ったお仕事でチャレンジしてみたいものは?



T.昔はあったんですけど,英会話の会社に入ってたときに,カウンセラーとして勤務していたことがあったのですが,そういうのは向いているかもしれないんですけれど,・・私,英語を教えたりするのは苦手なんですよ。だから講師とかはなりたいとは特に思いません。でも英語を使った仕事はしてみたい気持ちはありますよ。




Q.では教壇に立つ!みたいなのとかダメなんですか?少人数でもダメですか?僕なんか大勢の前で話すの大好きですよ。もうホント快感ですね。
T.私はゼッタイ無理ですね〜人前は苦手です。


Q.それはシャイってことですか?
T.そうかもしれないですね・・・

Q.そうですか〜僕もシャイなんですけどね。
T.いや〜〜(首をかしげながら・・・)ホントですか〜

Q.シャイなんですけど,面白いことを言ったりして隠してます。
T.でも,分からないから大丈夫です!
       
Q.ちなみに,TOEICは受験されたことは?        
          
T.ないです。



Q.意外ですね。もう何度も受験されてるのかと思っていました。

T.実は帰国してすぐに受ければよかったなと今でも後悔しています。アメリカ帰りの友達はみんな受けてるのに・・・


Q.後悔する人は多いですね。帰国後が英語学習成果を測定する絶好の機会なんですが。今からでもまだ間に合います!あれだけ話せるってことはリスニング・スコアにも反映されるはずだと思いますよ。リスニングとスピーキングには相関関係があると言われてますから。実際に話せる人はTOEICのリスニングのスコアは高いです。逆にリスニング・スコアがいい人は結構話せる人が多いと思います。



T.でも,リーディングの方は自信ないかな・・・


Q.高畑さんが英語を継続してやってる理由は??

  
    

T.やっぱり英語は世界共通の言葉だしゼッタイに身に付けておくべきだと思うんですよ。だから常に世界に目を向けていますし,いつか使うときのためにキープしてしゃべれるようにしておきたいなと思ってます。





Q.確かに。語学は使わないとドンドン落ちていきますよね!特に,スピーキングの力はズドーンと落ちていきます。帰国してからは一般的な日本人であれば使わなかったり、国内で身に付けても使わないでいると絶望的な状態に・・・・・

こういうのって英語学習者はゼッタイに忘れてはいけない教訓ですよね。リスニングは同程度にキープできるかもしれませんが・・・

子供時代に帰国子女で現地にいた人とか,大人になっても耳ができているので、聞けるのは大丈夫らしい。だいたいこんなことを言ってるんだなと・・・・でも英語を使ってないと会話力はゼロに近く落ちてるという統計もあるくらいです。怖いですね。話す力は、ほっておくと100%サビます。



T.ですね〜英会話はとにかく、日常的に話していないとダメですね。



Q.いままでの海外経験を詳しくお聞かせ下さい。



T.3年間現地の学校に通いました。そして1年は働いていました。




Q.4年以上海外とはたいしたものです。アメリカってのががいいですね。アメリカ大好きなんです。3年はサンタモニカですか?



T.半年くらいはいたんですが,それからロサンゼルス・シティー・カレッジへ編入しました。その後アメリカでアパレルの販売員してました。



Q.海外旅行で注目してる場所は!?



T.ヨーロッパだと本当に異国って感じじゃないですか〜?アメリカとは違って古い歴史があるのでイタリアとかすごく行ってみたいなあ〜とは思います。ギリシャとかも・・・


Q.??「なあ〜」ってことはメチャクチャ行きたい訳ではないのですか??

T.”いってみたいなあ〜〜”くらいです。もともとアメリカが好きなので、アメリカ全州とかいいですね。New Yorkはもちろん行きたいですけど・・・アメリカ全土を旅してみたい・・・


Q.アメリカはいいですよね〜高畑さんはまだニューヨークには行かれて無いというのは意外でした。高畑さんクラスなら、もうバンバン何回も行ってるのかと・・・



T.イーストコースト(アメリカ東海岸)はまだなんですよ〜


Q.東海岸だったらNew Yorkですね。最高の街並みです。でもシカゴもお気に入りになると思いますよ。あの街は結構ハイテクなんですよ。オシャレな感じもあり、でも古き良きアメリカの雰囲気も残してあるんですよ。



T.行ってみたいです!


Q.ロサンゼルスもいいんですけど,ハリウッドサインが小さかったのが残念な記憶ですね。


T.え”〜おっきいですよ〜〜!!私ハリウッドサインのすぐそばまで行きますよ。



Q.僕あの高級住宅街を登っていってかなり接近しないと写真取れないくらい小さかったですよ〜

T.あれ,人の家にはいるんですよ

Q.えっ!それは犯罪では!?



T.いいんです。入っておじちゃんとかいるんですけど,そこの人に許可とって写真を間近で取ってましたよ。そこからはハリウッドのサインが山の斜面のすぐそこで大きく見えますよ。友達と一緒に行ったときも顔覚えてもらっていたので,いつもそこから写真とってましたよ。



    Q.英語をやってて嬉しい瞬間は?

     

T.アメリカで映画館に行ってアメリカ人と一緒のタイミングで笑えたときは、すっごく嬉しかったですね。英語力が上達したのを実感しました。その時は楽しかったですね。



Q.アメリカに4年間行かれて変わったことはありますか?



T.アメリカ行ったら,強くならないといけないんですよ・・・ゼッタイに。本当に強くならないと・・・自分自身を守れないと生きていけないんですよ。自己主張の国だから精神的に強くなってみなさん帰国されますよね。アメリカ行くと強くなるんですよ。


Q.その点は間違いなく,同感ですね。確かにアメリカは人を強くしてくれますよね。自己主張して強くならないと逆にやられますからね。でも危ない国だから精神的に強くなる!のは間違いないですね。あの国では鍛えられますね。

アメリカ時代の面白エピソードとかハプニングはありましたか??



T.すごい映画みたいだなと思ったのが,私の住んでいたアパートの横で,何か事件が起きたんですよ。
男の人がなんか怒ってたんですよ。そこにヘリが向こうからやって来て,真下に幅の広いライトを当ててたんですね。あの照らしてるライトの中に見物してた私と友達が入ってしまったという・・・・窓から見てただけなんですが偶然で・・・あとフリーウェーでもカーチェースしているクルマをヘリが追跡してて近くを走ってた私の車もそのヘリのスポットライトの光を浴びてしまったというハプニングにも遭遇したことありますよ・・・



Q.最後にモニター生としてのレッスンの感想を聞かせて下さい。



T.先生が,とにかく皆さんフレンドリーでしたね。あと、話す機会が多いのが良かったです。ただ一方的に聞いているだけではなく,ドンドン話す機会を提供していただけたのがいいなと思いました。話していて、間違えて言ってしまった場合には訂正してくれますし,単語に関しても丁寧に解説してくれますし,身に付くように教えてくださったのがすごく良かったと思います。




和家.高畑さんの素晴らしい英会話力をキープして,これから夢や目標に向かって大成功を祈ってます!

           
              Hotch☆Potch☆CLUB ALL RIGHTS RESERVED

 当校の許諾なしに無断で転載または使用等をされた場合には法的に処罰の対象となります。
画像や文章の複製または無断転載は禁止しております。

TOEIC(R) TEST is the registered trademark of Educational Testing Service (ETS). 
Copyright 2006 Hotch☆Potch☆CLUB All rights reserved.